アルコールと育毛の関係

お酒と上手な付き合いをして血行を良くして育毛に繋げる

あくまで「適度な量」というのが前提条件ですが、実はアルコールも血行を良くしてくれる作用があるので、 ある意味では、育毛にもよいとされています。繰り返しですが、あくまで「適度な量」のときです。 ここまで、念を押すのは、実は血行が良くなったとしてもアルコールの過剰摂取をすると、抜け毛が増えてしまう 可能性が高いという反作用も持ち合わせているのです。ですので、十二分な注意が必要ということです。

では、アルコールと育毛の関係性について説明していきたいと思います。 アルコールを摂取すると、肝臓にて分解作業が行われるのは周知の事実だと思います。では、その分解をする際に 必要とされる栄養素は何になるかご存知でしょうか?答えは「アミノ酸」です。具体的にはシステイン・メチオニン と呼ばれるものです。これを頭の片隅に置いて、次をご一読お願いします。

髪の毛の基本知識として、髪の毛はタンパク質で出来ているということを以前、記載させていただきました。 そのタンパク質の中でも「ケラチン」というもので、髪の毛の9割方は構成されています。では、このケラチンの 主となる栄養素は何になるのかご存知でしょうか?答えは「アミノ酸」です。恐らく、お気付きだと思いますが、 この後に続く文言は「具体的には“システイン”と“メチオニン”となります。」です。

これで言わんとしていることがご理解いただけたと思いますが

敢えて記載させていただきます。

アルコールを過剰摂取すると、髪の毛を構成するケラチンを作るためのアミノ酸「システイン」「メチオニン」を大量に 使用して分解を行います。従って、本来、髪の毛を生成するために利用されるはずだったアミノ酸が消費されてしまって いるので、実際に髪の毛を生成するときには非常に弱々しい髪の毛になってしまうのです。当然、弱い髪の毛なので 非常に抜けやすいです。ただ、生えてくるだけ「マシ」と思えるほど「生えない」という可能性も無きにしも非ずなので 気を付けたいところです。

ともあれ、数日ぐらいの過剰摂取であれば、言うほど問題はありませんが、日常的にお酒を飲む方は、その飲み方には 気を付けたいところです。育毛という観点で話を進めていますが、通常の健康管理としても毎日の過剰摂取は、 身体によくないことは言うまでもありません。身体を壊してしまったら育毛も何も話にならないので、お酒に飲まれて しまうタイプの方は、是非とも上手なお酒の付き合い方をして欲しいと、切に願います。

Copyright(c) 2012 抜け毛予防!育毛シャンプー All Rights Reserved.