アンチエイジングと育毛

アンチエイジングに重要なのは抗酸化作用

私たちの体の中で老化を勧めている物質は、活性酸素です。 勿論年齢と共に体が老化していく現象は仕方ありませんが、この活性酸素の発生が多い人ほど、 老化が早く進行すると考えられています。 この活性酸素はストレスを感じることで体内で発生してしまいます。 例えば育児や家事で疲れてっている女性は、見た目的にも老けて見えます。 これはストレスのせいで活性酸素が多く発生し、シワやたるみを増やしたり、お肌のハリを奪っているから。 しかしこの女性が育児や家事から解放された生活を送ると、途端に若返ったりするものです。 アンチエイジングには、上手なストレス発散方法が不可欠だと言うこと。

もう一つ大事なのは、活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用がある成分。 昔はビタミンCやEばかりが注目されていましたが、最近ではリコピンとアスタキサンチンが注目を集めています。 特にアスタキサンチンはビタミン類のおよそ1000倍の抗酸化作用があると言われており、 アンチエイジングに大きな効果が期待できるとして話題です。 アスタキサンチンは、イクラ、エビ、カニなど比較的高価な食材に含まれていますが、 鮭にもたっぷり含まれており、60gの切り身を1つ食べるだけで、1日の摂取量を満たせるので手軽にアンチエイジングができます。

脱毛症の原因はさまざまですが…

ストレスで脱毛症になる方は、活性酸素の働きが活発

もしもあなたの脱毛症の原因がストレスにあるなら、一番はストレス発散方法を見つけることですが、 中には上手にストレスを発散できない人も多いと思います。 そんな方は、抗酸化作用のある食事メニューを心がけたり、サプリメント、あるいは病院で処方されるお薬での治療がメインとなります。 ただし、自分で勝手に判断して、サプリメントを飲むのは良くありません。 またサプリメントを飲んだとしても、ストレス以外にも脱毛症の原因があるなら、改善にはなりません。 育毛の基本はまず、自分の脱毛症の原因を探るところから始まります。

そして、ストレスが原因だと判断されたときは、育毛するこを目的に対策に取り組むのではなく、 美容や健康のために行動することがベストです。 育毛が気になると、毎日髪が生えない、生えないと、そればかりが気になり、余計にストレスが溜まってしまいます。 育毛そのものがストレスになることだってあり得るのです。 だからこそ、美容のためにアンチエイジングに取り組もうとする方が、気が楽ですよね。 髪の毛の成長には時間がかかります。焦っても仕方ないので、気長にのんびりした気分で取り組めるとよいですね。

Copyright(c) 2012 抜け毛予防!育毛シャンプー All Rights Reserved.