タバコと薄毛の関係

いつも悪者のタバコ。もちろん育毛界でも悪者です。

血行不良をさせないための育毛法というのを中心に記載しておりますが、今回のテーマは、育毛と喫煙の関係についてです。 断言します。本当に育毛に励みたいのであれば、断固たる決意で「禁煙」してください。甘えは一切許しません。 もし、禁煙が出来ないのであれば、育毛に対しての気持ちは「そんなものか」と思ってしまうほど、タバコは頭皮に よくありません。ですので、厳しいことと重々理解していますが、切実に辞めることをお勧めします。

育毛の話をする前に、タバコに関わるお話をしたいと思います。 喫煙者は今の世の中の流れから見ると、非常に肩身の狭い思いをしていることだと思います。それでも吸いたくなる 気持ちはよく分かります。書くいう私も1日に一箱ペースで吸う愛煙家でした。ですが、今では禁煙を始めてから 1年以上が経過します。ですので、気持ちは痛いほど分かりますが、色々なリスクを考えれば、やはり辞めるべきだと 考えます。育毛だけの観点で言えば、自業自得なので、そこまで強くは言いませんが、やはり健康被害もあります。 さらには、子供のことを思うと、そうも言ってられません。ですので、くどいですが辞めた方が良いことばかりです。

さて、話を戻します。

タバコを吸うと育毛の観点から言うと、大きく2つのデメリットがあります。

1つがビタミンCの大量消費。そして、もう1つは「毛細血管の収縮」です。(ビタミンCについては別途記載します。) 毛細血管が収縮すれば、当然、血行が悪くなるため、毛根に充分な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。 従って、抜け毛が増えるということに繋がってきます。 この原因はタバコに含まれるニコチンが原因になります。ニコチンが「ニコチン性アセチルコリン受容体」と呼ばれる ものに結び付くと、色々なことが起きます。その一つの作用が「毛細血管の収縮」です。

タバコを吸っている方がスポーツをすると、酸素を欲しがる方が多く居ます。これは、上記のような毛細血管の収縮が 原因です。酸素自体も血液を通して身体全体に供給するため、収縮してしまうと上手に運ぶことが出来ないように なります。何よりも「肺」自体の毛細血管が100%で稼働していないため苦しいのは当たり前です。

と、このように、身体の変調を直ぐに出してくるのもタバコの特徴かもしれません。禁煙中の私が言うのも何なんですが やはり、喫煙中と今の髪の状態を比べると、抜け毛も減りましたし、艶さえ出ています。明らかに肌もキレイになっているので なおさら「禁煙」することを強くお勧めします。

Copyright(c) 2012 抜け毛予防!育毛シャンプー All Rights Reserved.